借金生活はしたくない

クレジットとかキャッシングとかローンと言うと今や当たり前の時代で、すぐにカードも作れローンの組めるけれど、これって言い換えれば全部借金ですよね。

私はお金は怖いものと思っていて、大人になってもクレジット払いが出来ないのですが(もはや現代人ではないです)、世の中にはお金を借りることに抵抗のない人がいるみたいですね。

いわゆる借金癖のある人のことです。
実は本人はあまり自覚がない場合が多いようで、あちこちから借金している自転車操業状態でも何となくお金が回っているから大丈夫と思っているとか。

もし自分の身内にこういう人がいたら嫌だな~と正直思ってしまいます。
お金って本来は何かの対価として得られるはずのもので、何もしていないのにお金が手に入るなんて変なんですけどね。
そのことが本当の意味で分かっていない人なんだろうなと思ってしまいます。

また「借金癖は病気」と言う方もいらっしゃいますが、病気だけれど簡単には治らないようです。
とても厄介なものなのですね。

 

借金癖は百害あって一利なしの癖です

 

人の癖には様々な物がありますが、借金癖は百害あって一利なしだと断言できます。
元々人と言うのは、自分が持っているお金の範囲内だけで生活しなくてはいけないものなのです。
しかし時にはお金が足りまくなってしまう事もあるので、借金を凌ぐことになります。

つまり借金と言うのは、緊急手段的にするものであり、それを癖にしてはいけないのです。
借金と言うのは、そもそもお金がない時にするものですから、これを癖にしてしまうと、返済できなくなる可能性が高まる事になります。
そうなると借金を借金で返済するようになってしまい、どんどん状況が悪くなって行ってしまうのです。

そしてついにどこの金融機関もお金を貸してくれなくなってしまい、にっちもさっちも行かなくなってしまいます。
こうなってしまうと最早、自ら命を絶つか、破産をしなければいけなくなってしまうのです。
このどちらをするにしても、自分が困るだけでなく、多くの人まで巻き込んでしまう事になります。
ですから自分に借金癖があると感じたら、カウンセラーなどに相談をして、徹底的に治してしまうのが一番だと思えるのです。